生え際から発毛させたい人の為のブログ

生え際から発毛させるのに1番効果があった方法

生え際が後退していることに気付いた時ってショックですよね。
わたしもそれを経験した男のうちの1人ですから、そのお気持ちはよーーーく分かります。

まあてっぺんからハゲてくるよりはマシかもしれませんが、それでもやはり生え際でもショックなものはショックです。
わたしが生え際の後退に気付いたのは38歳の時、ちょうど誕生月の頃でした。

40を前についに来たかと…もう少し粘って欲しかったと悔しがったものです。
しかし諦めの悪いわたしですから、そこからネットや先輩からの情報を頼りに、生え際から発毛させる為にありとあらゆることを実践しましたね。

生え際から発毛させるためになんでも試すようにして、本当に色んなことをやりました。
たぶん1番頑張ったのは禁煙、そのくらい生え際から発毛させたかったんですねw

それで結局色々試した中で、生え際の発毛効果が1番感じられた方法は、なんだかんだ言ったって育毛剤でした。
とは言え育毛剤なんて気休め程度のもので、本当に発毛するとまでは期待していませんでした。
しかし生え際からどうにか発毛させたかったわたしは幾つかの育毛剤を試して、辿り着いたのはイクオスでした。

イクオス公式サイトはこちら



イクオスを教えてくれたのは直属の上司で、わたしと同じ生え際ハゲ仲間でした。
とは言えその上司も幾分か発毛したみたいで、今はそれほど生え際が目立たない感じです。

育毛剤は安いとは言えないものですから、知恵袋で生え際に効く育毛剤を調べたり、楽天レビューをチェックしたり、色々と調べて様々な育毛剤を試しました。

その中でもイクオスは抵抗なくパッと購入できたのですが、それは返金保証があったからです。

イクオスは購入後45日以内に発毛効果が出なかったら、なんとお金を返してもらうことができるんです。
なんとも良心的なサービスで、本当に返してくれるのか疑ってしまうほどでした。

とは言え結局のところ生え際から見事に発毛!返金の心配をする必要はありませんでしたね。
それにしても育毛剤で本当に生え際から発毛するとは、ここ数年で育毛剤はかなり進化したと言いますが、文明の進歩を身をもって感じた瞬間でした。

というわけで、わたしが生え際から発毛させるために色々試した中では、イクオスという名の育毛剤が最も良かったかなと思います。
生え際をどうにかこうにか発毛させたいという方は、どうせダメならタダなんですから是非試してみることをお勧めします。

育毛剤イクオス

↑↑↑イクオス公式サイトはこちら↑↑↑




つむじが発毛したからといって生え際が発毛するとは限らない



これって案外知られていないことのようです。
つむじから発毛した方法と同じことをしても、生え際も同じように発毛するとは限らないということです。

大正製薬のヒット商品であるリアップという育毛剤、あれなんかはいい例だと思います。
つむじから発毛したという口コミで、それまでの育毛剤の常識を覆した商品です。

しかしそんなリアップでも、生え際から発毛したという口コミはほとんどないのです。
メーカーである大正製薬はその事実を認めてはいないようですが、リアップは頭頂部ハゲには効いても生え際のハゲには意味がないというのはもはや周知の事実です。

また一時期流行ったアルカリ還元水、何十万円もするウォーターサーバーを使うことで、てっぺんから発毛して薄毛が解消されるという噂がありましたね。
わたしの友人にも実際にアルカリ還元水でつむじの薄毛を解消した男がいます。

しかしあれも生え際には全くと言っていいほど効きませんでした。
これは反対にしても同じことで、例えば先ほど紹介したイクオス、わたしは生え際から発毛させることに成功しましたが、頭頂部も同じように発毛するかと言ったらそれは分かりません。

要するに頭頂部と生え際では、抜け毛や薄毛が起こる原因やメカニズムが若干変わってくるのでしょうね。
はっきりとしたことは分かっていないようなので適当なことは言えませんが…。

何にせよわたしが言いたいことは、生え際から発毛する方法を知りたいなら、生え際から発毛した方法を調べることです。
ただ薄毛が解消した!とか、毛が増えた!ではダメなのです。

ちゃんと生え際から発毛した!っていう方法を調べて、その方法を色々試してみるようにしてみましょう。
これは生え際からどうにか発毛させようと奮闘したわたしの一つの教訓です。

わたしの生え際が発毛した方法はこちら




プロペシアのデメリット



生え際から発毛させる為の方法で、最近よく耳にするのはプロペシアです。
数年前からチラホラと名前を聞くようになり、今ではプロペシアを使ったことがあるという男性も身近に存在するほどです。

生え際から発毛する可能性はそれだけ高いということですし、実際わたしの周りにもプロペシアで生え際から発毛したという友人もいます。
わたしも育毛剤でダメなら、最終手段でプロペシアを試してみるかは検討していました。
しかし、プロペシアで生え際を発毛させるということには、大きなデメリットが付いて回るのです。


プロペシアの恐ろしい副作用

プロペシアはフィナステリドという薬品を主成分としていますが、このフィナステリドによる副作用は世界中で確認されています。
プロペシアで生え際が発毛した友人も、病院で処方してもらう際には副作用のリスクの説明があったそうです。
それではプロペシアで生え際を発毛しようと思ったら、どのようなリスクにさらされるのか、以下に列記してみました。


勃起不全
わたしがプロペシアによる生え際発毛を避けた最大の理由がこれです。
プロペシアは体内に女性ホルモンを増やすようなメカニズムらしく、それによって精力の減退や勃起不全が懸念されているそうです。

生え際の発毛を取るのかソッチを取るのか…この究極の選択を避けるべく、わたしはまず育毛剤を試すことにしました。
生え際が発毛したとしても、そちらが治らなくなってしまったら最悪ですからね。


体型の女性化
これも生え際の発毛と引き換えに勃起不全に陥るのと同じ理由ですね。
フィナステリドにより体内に女性ホルモンが増加して、体が全体的に丸みを帯びるようになります。

尚、わたしの友人はこの副作用の犠牲になっております。
とは言っても異様なほど胸が大きくなるとか、ボディラインがしなやかになるというわけではありませんが…。
それでも体を鍛えていた友人は筋肉が付きにくいとか嘆いておりました。


胎児への影響
この副作用に関しては様々な意見があって、男性が飲むだけなら大丈夫などという意見もあれば、多少はリスクが上がるという意見もあります。
わたしはもう子供を増やすつもりはありませんから、この副作用との比較なら生え際の発毛に軍配が上がりましたが…。

しかし女性は触るだけでも危険らしいので、これから子作りなんていう方は避けるべきですね。
我が子と生え際の発毛、比べようのない事実ですよね。


肝機能不全
健全な大人であれば重大なリスクにはならないようですが、これも生え際の発毛と引き換えに起こりうる副作用の一つです。
肝臓があまり良くないと言う方なら尚のこと避けるようにしましょう。



半永久的にかかるプロペシア代



これもプロペシアを使うにあたって非常に引っかかった点です。
どういうことかというと、プロペシアは一度使い始めたら、使い続けなければ効果がなくなってしまいます。

プロペシアを服用して生え際が見事に発毛したとしても、服用をやめたらまた生え際が薄くなり始めるのです。
とは言えプロペシアは育毛剤よりもコストが高く、決して安いとは言えません。

クリニックや処方される量にもよりますが、だいたい毎月平均して7000円〜8000円かかると言われています。
これが死ぬまでかかる(もしくは生え際の発毛を諦めるまで)と思ったら、経済的にもかなり痛いですよね。

それに対して育毛剤はというと、一度生え際から発毛して薄毛が改善されれば、もう育毛剤を使用する必要性はなくなります。
薬を飲むにしても育毛剤を付けるにしても、なんだかんだ面倒でもありますから、生え際が発毛したら必要なくなるにこしたことはありません。
生え際から発毛させる為に一度プロペシアを使ったら、ずっとそれに追われてしまうというのは一つの大きなデメリットだと言えますね。

おすすめの育毛剤の詳細はこちら